石井俊一の しーはいる!!

第15回 校長室からこんにちは!石井俊一です。11月5日

image_print印刷はこちらから

先日、新潟県の燕三条に行ってきました。テーブルウェアーが欲しかったのと、お団子で有名な江口だんご🍡に行くためです。燕三条は、金属加工で有名な街です。街の至る所に、刃物などの金属製品や洋食器を売っているお店が点在してます。燕市は、あの下町ロケットのロケ地にもなっているのですね。町全体に職人、技術者の風情が漂っています。気に入ったスプーン、フォークを見つけて購入。そして、以前から欲しかった爪切りを買いました。この爪切りは、もの凄い優れもの。爪を切ったあとに、やすりで仕上げる必要のないくらい、見事に切れます。形はニッパー型で、力を殆んど使わずに、スパッと切れます。指を切っても暫く気が付かないくらいの切れ味です。なかなかの値段でしたが、一生使えると勧められるままに購入。良い買い物が出来ました。髪の毛は最近、伸びが悪くなった気がする。さらに本数は少なくなり、細くなり、張りが無くなり、色も無くなり寂しい限りですが、爪に関しては、やたら伸びます。伸びてきたかなぁと思ってからの伸び率はすごいです。爪切りが楽しみになりました。老後の楽しみ、爪切り。趣味、爪切り。その他、包丁やら、様々な金属加工品は見ていても飽きが来ない芸術品ばかりでした。だんご🍡の江口だんご。街はずれにありますが、行く価値ありです。古民家をリノベーションして、製造、販売、喫茶ありの団子のテーマパーク化してます。大きな敷地に、立派な古民家、従業員も沢山いましたし、お客さんも入れ替わり立ち替わりで大混雑。笹団子、五色🍡、目移りする品数、作り立てを販売。どれもこれも職人の手づくり感いっぱいで、もちろん買って食べました。素晴らしく美味しかった。団子だけで素晴らしい商売をしてました。どの職業でも、職人っていいですね!私もスキーの技術に関しては職人でありたい。レッスンやサービスに関しては達人でありたい。随分前に、生涯現役と言ってのけた記憶あります。87歳の方からコブレッスンのお申込みを頂き、ふとその言葉を思い出しました。幾つになっても上手くなりたい情熱に感動です。残念ながら、体調くずされてキャンセルになりましたが、是非ご一緒したかった。電話でお話しもさせていただきました。ご本人は相当がっかりされてましたが、その思いにまた感動。必ず回復されて、再度申し込まれると思ってます。待ってますよ!
Schi Heil

関連記事

  1. 第3回 校長室からこんにちは!石井俊一です。10月13日
  2. 第21回 校長室からこんにちは!石井俊一です。11月25日
  3. 第4回 校長室からこんにちは!石井俊一です。10月15日
  4. 第16回 校長室からこんにちは!石井俊一です。11月6日 
  5. 第31回 校長室からこんにちは!石井俊一です。12月31日
  6. 第14回 校長室からこんにちは!石井俊一です。11月4日
  7. 第17回 校長室からこんにちは!石井俊一です。11月9日
  8. 第11回 校長室からこんにちは!石井俊一です。10月28日

最近の更新

PAGE TOP
single